おいしい、こめニティー うつくしま、ふくしま米情報センター

「福島の米」応援団
ライシーホワイト2017
ライシーホワイト2016
ライシーホワイト2015
おいしい米「ふくしま米」とはどんな米?
フレー!フレー!ふくしま米
おいしく食べよう!レシピ集
ふくしま米、ここで買える・食べられる
お米イベント情報
お米情報リンク
ご飯を食べる皆様へ
お米をつくる皆様へ

2013うつくしまライシーホワイト決定 安全でおいしい「ふくしまの米」を5人でPRします!

写真左から: 川村瞳さん(郡山市)、渡邊美帆さん(福島市)、鈴木雅子さん(郡山市)、八代郁美さん(郡山市)、前川未歩さん(福島市)
写真左から: 川村瞳さん(郡山市)、渡邊美帆さん(福島市)、鈴木雅子さん(郡山市)、
八代郁美さん(郡山市)、前川未歩さん(福島市)
 「うつくしまライシーホワイト」は、米の消費拡大と福島米のPRのため、県内外のイベントなどで活動するキャンペーンクルーです。今年は30代目となる節目の年。7月5日(土)に福島市の杉妻会館で行われた選考会では、応募総数77名の中から35名が審査に臨み、福島県オリジナルの米の品種「天のつぶ」のPR実演や質疑応答などを経て5名が選ばれました。
 「福島のお米のおいしさや安全性を、農家の皆さんの気持ちとともにPRしていきたい」と抱負を語るのは、大学生の鈴木さん。「ライシーホワイトに選ばれて光栄です」と笑顔を見せる前川さんは、「初めて食べた『天のつぶ』のおいしさが今でも心に残っています。大好きな福島米の魅力を全国へ伝えます」と意気込みます。「ここぞ!という勝負の時、パワーが必要な時には、お米をしっかり食べてエネルギー源にしてほしい。もちろん私は今日もしっかり食べてきました」と話す川村さんなど、今年も頼もしい顔ぶれがそろいました。
 昨年から5名に増員され、パワーアップしたうつくしまライシーホワイト。これから1年間、県内外での活躍が期待されます。
二次審査の様子
二次審査の様子

審査委員長から「うつくしまライシーホワイト委嘱状」が手渡されました。
審査委員長から「うつくしまライシーホワイト委嘱状」が手渡されました。

第29代うつくしまライシーホワイトから第30代のメンバーへとたすきがかけられました。
第29代うつくしまライシーホワイトから第30代のメンバーへとたすきがかけられました。


うつくしま、ふくしま米情報センター