おいしい、こめニティー うつくしま、ふくしま米情報センター
お米をつくる皆様へ
ふくしま米の流通の現場から/消費者・小売・卸の声
うつくしま水田農業ビジョン通信
天気予報
新しいお米「福島9号」
福島県米づくり状況
米政策改革情報
栽培管理
米の市場動向
病害虫発生予察
関連情報
バックナンバー
おいしい、こめニティー
ご飯を食べる皆様へ

「福島県の水田農業の振興方策」が決定されました。

2015年1月15日
 平成26年12月17日開催された「福島県水田農業産地づくり対策等推進会議」総会にて、「福島県水田農業の振興方策について」が決定されました。
 「振興方策」は、国として「担い手への農用地の利用集積・集約化の加速」「経営所得安定対策の見直し」「30年度を目途とした米の生産調整方法の変更」をすすめていくことを基本的な背景としつつ、福島における米価下落、風評被害の状況変化に的確に対応し、福島県の水田農業の持続的な発展をはかるため、再生協議会および構成機関・国体が主体となり、農業者を誘導する指針として位置付け29年度までをイメージして策定されたものです。
 JAグループ福島は、この「振興方策」との整合性をとりつつ、各地域ごとに地域農業戦略、地域営農ビジョンづくりに取組みます。

 
本県水田農業の喫緊の課題
担い手の育成を進め、経営所得安定対策等への加入の加速的推進が必要
良食味米を生産できる強みを生かした品質・生産性の向上と販路の拡大が必要
需給に即した生産を基本として、業務用米を含めた多様な米づくりの推進、飼料用米とWCS等の作付拡大が必要
収益性の高い園芸作物等を導入した経営転換の促進が必要
地域の災害復旧状況に応じた水田農業の復興が必要
【目指す水田フル活用の姿】 単位:ha
品目 現状(25年度) 目標(29年度)
主食用米 65,700 62,000
非主食用米 3,676 12,600
飼料用米 514 6,600
備蓄米 2,111 3,700
WCS用稲 675 1,200
加工用米 360 1,000
米粉用米 14 100
麦・大豆・そば 3,513 4,080
飼料作物 3,025 3,300
園芸作物 2,792 3,200
その他 16,694 11,420
合 計 95,400 96,600


うつくしま、ふくしま米情報センター