おいしい、こめニティー うつくしま、ふくしま米情報センター
お米をつくる皆様へ
ふくしま米の流通の現場から/消費者・小売・卸の声
うつくしま水田農業ビジョン通信
天気予報
新しいお米「福島9号」
福島県米づくり状況
米政策改革情報
栽培管理
米の市場動向
病害虫発生予察
関連情報
バックナンバー
おいしい、こめニティー
ご飯を食べる皆様へ

JAグループ福島「平成27年度水田農業対策に関する取組方針」決定

2015年2月17日

 平成27年1月26日のJAグループ福島合同理事会にて、平成27年度の水田農業の取り組み方針が決定されました。
 取り組みの基本的な考え方は、以下の3点です。

①飼料用米拡大を中心とする「水田フル活用」に取り組み、主食用米については、生産数量目標の「自主的取組参考値」を更に深掘りした生産削減に取り組み、生産者手取りを拡大する。
②地域農業戦略・地域営農ビジョンづくりと連動した認定農業者の認定、集落営農の組織化に取り組み、「ナラシ対策」への加入、担い手への農地集積を促進する。
③「ふくしま米」の消費拡大に積極的に取り組み、この成果を27年産米以降の「は種前・収穫前・複数年契約」に結びつけ、安定した販売先を確保する。

 特に、「水田フル活用」の取り組みについては、県全体としての「制度別・用途別・銘柄別作付計画」ガイドラインを策定するとともに、これをベースにJA別の制度別・用途別作付計画ガイドラインを示し、生産者への推進に取り組むこととしています。県全体としての「制度別・用途別・銘柄別作付計画」ガイドラインの内容は以下のとおりです。
 地域に応じた「水田フル活用」を具体化し、生産者手取りの拡大につなげます。

27年産米「制度別・用途別・銘柄別作付計画」ガイドライン
単位:ha、%
年 産 26年産米 27年産米 27−26 27/26
生産数量目標面積 A 64,880 63,230 -1,650 97.5
自主的取組参考値 B - 62,220 - -
主食用米実作付面積 C 62,603 61,531 -1,072 98.3
「自主的取組参考値」との差 D=B-C - 689 - -
非主食用米 E=SUM(F:J) 7,232 9,804 2,572 135.6

飼料用米 F 890 4,785 3,895 537.6
加工用米 G 485 485 0 100.0
WCS H 766 766 0 100.0
その他 I 18 18 0 100.0
備蓄米 J 5,073 3,750 -1,323 73.9
水稲作付面積合計 K=C+E 69,835 71,335 1,500 102.1


うつくしま、ふくしま米情報センター