おいしい、こめニティー うつくしま、ふくしま米情報センター
お米をつくる皆様へ
ふくしま米の流通の現場から/消費者・小売・卸の声
うつくしま水田農業ビジョン通信
天気予報
新しいお米「福島9号」
福島県米づくり状況
栽培管理
米の市場動向
病害虫発生予察
関連情報
バックナンバー
おいしい、こめニティー
ご飯を食べる皆様へ

食堂の定食メニューなどに利用するなど
農水省をあげて福島県の農産物を支援!

2011年6月20日
農水省の第一食堂の前の看板
 農水省では、被災産地の応援の一環として、省内の食堂などで、「福島応援フェア」を4月18日から5月13日まで開催した。
 本館の「第一食堂」では、定食メニューなどの野菜・ご飯に福島県産の農産物を使用。別館のおむすび店「おむすび権米衛」では、福島県産コシヒカリでおむすびを作った。また、とんかつ店「和幸」では、豚肉生姜焼き定食などに福島県産の農畜産物を使った。
 本館屋上の喫茶店「カフェ・チャオ」では、ランチメニューに福島県産の野菜・肉・コメなどを使用。同店の由井朋子店長は、「1日60〜80食のランチメニューが出るが、今回の福島県の農産物を利用したメニューは好評」と話している。このほか、本館の総合売店では、福島県産の精米、米粉パン、桃・リンゴ・トマトジュース、ヨーグルトなどを販売した。
 都内ではこのほか、東京都とJA全農が、「応援キャンペーン」と銘打って、JR新宿駅の西口広場で福島県をはじめとする合計6県の11種類の農作物を販売。福島県産は、野菜のほか、ひとめぼれの2キロ袋が並べられた。初日の4月21日には2キロ袋100袋が全量完売。翌週4月27日も好調な売れ行きとなった。


定食メニューに福島の食材を利用


「おにぎり権米衛」の原料米に
福島米を使用


喫茶店「カフェ・チャオ」の
スタッフの皆さん


東京都とJA全農はJR新宿駅の
西口広場で農作物を販売


農水省前でJA全農福島が
野菜とコメを販売


売れ行き好調なコシヒカリ


鹿野道彦農水相も駆けつけ
「野菜セット」とコメを購入

うつくしま、ふくしま米情報センター