おいしい、こめニティー うつくしま、ふくしま米情報センター
お米をつくる皆様へ
ふくしま米の流通の現場から/消費者・小売・卸の声
うつくしま水田農業ビジョン通信
天気予報
新しいお米「福島9号」
福島県米づくり状況
栽培管理
米の市場動向
病害虫発生予察
関連情報
バックナンバー
おいしい、こめニティー
ご飯を食べる皆様へ

万全の検査態勢、安全・安心アピール
関西地区で福島米の販売説明会を開催

2013年11月1日
 JA全農福島では10月16日、大阪市内で卸・小売りなどの流通関係者約50名を招き、「平成25年度極上のふくしまの米・関西地区販売説明会」を開催した。福島県産米に対する風評被害を払拭するため、25年産も前年に引き続き実施される放射性物質の全量全袋検査や、除染・吸収抑制対策、販促事業などを説明。また、10月11日の時点で水稲うるち米の1等米比率が92・8%になっていることも報告された。
 会の後半の質疑応答では、大阪市内の小売りから、「父の代から福島米を取り扱ってきたが、今回の説明で安全・安心への取り組みが理解できた。今後は、自信を持って消費者に福島米を薦めていきたい」との福島米を応援する意見が述べられた。

平成25年度極上のふくしまの米・関西地区販売説明会


福島県産の天のつぶとコシヒカリを試食


大阪市内を走る福島米のラッピング路線バス

うつくしま、ふくしま米情報センター