おいしい、こめニティー うつくしま、ふくしま米情報センター
お米をつくる皆様へ
ふくしま米の流通の現場から/消費者・小売・卸の声
うつくしま水田農業ビジョン通信
天気予報
新しいお米「福島9号」
福島県米づくり状況
栽培管理
米の市場動向
病害虫発生予察
関連情報
バックナンバー
おいしい、こめニティー
ご飯を食べる皆様へ

JAそうまが新品種「天のつぶ」をブランド化へ
東京・杉並区の区民祭に出展して交流深める

2013年12月12日
 東京・杉並区の桃井原っぱ公園で11月9〜10日、「すぎなみフェスタ2013」があった。多くの人で賑わったこのイベントに、JAそうまは今年も専用ブースを設け、とれたての旬の地場産農産物(米=コシヒカリ・天のつぶ、ネギ、シュンギク、キュウリ、ブロッコリー、加工品等)を持ち込みサンプル頒布や即売を行った。
 お米は2キロ袋(コシヒカリ850円、天のつぶ800円)を用意。初日にほぼ売り切ってしまった。JAそうまは、南相馬市の「ふるさと回帰支援センター」の紹介もあり、農産物等を持ってさまざまイベント交流に参加している。南相馬市と東京・杉並区は、交流自治体で災害時の相互援助協定を結んでいる。
 「短稈で倒れにくい。一定の収量性がある」といわれる福島米の新品種「天のつぶ」。JAそうまは、コシヒカリとともに「天のつぶ」のブランド化に取り組む。JA祭りなどでも「天のつぶ」の人気は高く、県が運営するインターネットサイト「ふくしま新発売。」でもJAそうま産「天のつぶ」(30名に5キロ袋=3000円相当)が当たるクイズがあった。

「すぎなみフェスタ2013」で展示販売されたJAそうまのコシヒカリ・「天のつぶ」

JAそうまは「すぎなみフェスタ2013」に出展

うつくしま、ふくしま米情報センター