おいしい、こめニティー うつくしま、ふくしま米情報センター
お米をつくる皆様へ
ふくしま米の流通の現場から/消費者・小売・卸の声
うつくしま水田農業ビジョン通信
天気予報
福島県米づくり状況
米政策改革情報
栽培管理
米の市場動向
病害虫発生予察
関連情報
バックナンバー
おいしい、こめニティー
ご飯を食べる皆様へ

「プレミアムIwaki Laiki」お披露目
生産者限定、2・0ミリ選別の厳選・良食味米

2016年12月22日
 いわき市やJA、地元米卸等で構成する「いわきライキ戦略ブランド化推進本部」(本部長・村上央いわき市農林水産部長)は、12月1日から米のスペシャリストが生産し、品質を厳選した「Premium Iwaki Laiki(プレミアムいわきライキ)」を発売している。「いわきライキ」は、いわき産コシヒカリのブランド米。市内の量販店やJA福島さくらの農産物直売所等が取り扱う。首都圏での販路拡大も視野に入れる。  
 11月25日、市内のホテルで完成発表会と試食会があった。「プレミアムいわきライキ」は、米・食味鑑定士協会が認定する米のスペシャリスト「プレミアムライセンスクラブベストファーマー」6名が生産するコシヒカリ。低タンパク(タンパク質含有率6・4%以下)で、2・0ミリふるい目幅で選別されていて、粘りが強くうま味がしっかりした高品質・良食味に仕上げられている。全国流通している有名ブランド米の品質基準より、さらに厳しい要件を設定した。2キロ詰めを2000袋限定で販売する。従来の「いわきライキ」と差別化するため、パッケージは金色にした。生産者をベストファーマーに限定した取り組みは国内で初めて。
 発表会では、スパリゾートハワイアンズ・ダンシングチーム「フラガール」のメンバーといわき農産物マスコットキャラクター「アグリン☆ファイブ」の「くまんま」が商品をお披露目。同推進本部の鈴木孝明副本部長(福島糧穀(株)社長)が、「甘み、つや、粘り、食感など、どれも最高。贈答用等に使ってほしい。首都圏でのPRも目指しプレミアム米を作った。さらなるブランド確立といわきのイメージ回復・風評払拭に取り組んでいく」とあいさつした。

スパリゾートハワイアンズダンシングチーム
「フラガール」がお披露目
金色のパッケージの「プレミアムいわきライキ」



うつくしま、ふくしま米情報センター