おいしい、こめニティー うつくしま、ふくしま米情報センター
お米をつくる皆様へ
ふくしま米の流通の現場から/消費者・小売・卸の声
うつくしま水田農業ビジョン通信
天気予報
福島県米づくり状況
米政策改革情報
栽培管理
米の市場動向
病害虫発生予察
関連情報
バックナンバー
おいしい、こめニティー
ご飯を食べる皆様へ

「天のつぶ」生産者コンクール最終審査会
最優秀賞に吉田今朝雄さん(石川郡玉川村)

2017年12月29日
 「天のつぶ」生産者コンクールの最終審査会が12月21日、福島市のJAビルで開催された。食味分析計による1次審査、味度計による2次審査を経て、12名の審査員による炊飯米試食官能審査が当日行われた。
 審査員は、(株)山際食彩工房代表取締役の山際博美氏を審査委員長に、福島県オリジナル米生産販売推進本部会員や米流通会社社員(お米マイスター)、大学家政学部の教授、地元高校生など多彩な構成。
 厳正な審査の結果、最優秀賞には、吉田今朝雄さん(石川郡玉川村)が輝いた。優秀賞には、根本勉さん(岩瀬郡鏡石町)、弓田秀一さん(会津若松市)、伊藤昌廣さん(本宮市)、片桐英昭(河沼郡湯川村)、あだたらドリームアグリ(株)(安達郡大玉村)の5名。最優秀賞には知事賞、優秀賞には福島県オリジナル米生産販売推進本部長賞が交付された。
 山際審査委員長は、「今年も高いレベルのコンクールとなり、それぞれの出品米にはほとんど差がなかった。どの米も光沢があり、昨年よりも食味が良く、生産者の食味向上への努力が感じられた。来年も期待している」と話していた。なお、表彰式は平成30年1月22日に郡山市内で行われる予定。

「天のつぶ」生産者コンクールの最終審査会 最終審査の6点のごはん

厳正な審査で最優秀賞、優秀賞が決定した。


うつくしま、ふくしま米情報センター