おいしい、こめニティー うつくしま、ふくしま米情報センター
お米をつくる皆様へ
ふくしま米の流通の現場から/消費者・小売・卸の声
うつくしま水田農業ビジョン通信
天気予報
福島県米づくり状況
米政策改革情報
栽培管理
米の市場動向
病害虫発生予察
関連情報
バックナンバー
おいしい、こめニティー
ご飯を食べる皆様へ

首都圏のスーパーいなげやからコシヒカリの産地指定
来秋には新ライスセンターが稼働(JAふくしま未来)

2021年2月10日
 東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県に135店の店舗を構えるスーパー(株)いなげや(本社/東京都立川市)。同店では、福島米としてJA会津よつば産ひとめぼれ、JAふくしま未来産コシヒカリを産地指定して取り扱っている。
 JAふくしま未来産コシヒカリは、同JAの安達地区(二本松市・本宮市・大玉村)のもので、10名の生産者の皆さんの写真が米袋に掲載されている。毎年、店舗で応募者を募り、安達地区内のほ場で消費者交流の田植え大会が行われているが、今年は新型コロナウイルスの影響で中止となった。同社も同JAも、来年の開催を楽しみにしている。

いなげやで販売されている
JAふくしま未来の安達地区産コシヒカリ

いなげやの店舗(東京都) JAふくしま未来の安達地区の水田風景

うつくしま、ふくしま米情報センター