おいしい、こめニティー うつくしま、ふくしま米情報センター
お米をつくる皆様へ
ふくしま米の流通の現場から/消費者・小売・卸の声
うつくしま水田農業ビジョン通信
天気予報
新しいお米「福島9号」
福島県米づくり状況
栽培管理
米の市場動向
病害虫発生予察
関連情報
バックナンバー


田植えとサツマイモの定植で産地を満喫
JAすかがわ岩瀬が都内の消費者を招く


天気は田植えにぴったりの薄曇り

 JAすかがわ岩瀬の岩瀬支所管内産のコシヒカリは、「岩瀬清流米」(特別栽培米の全農安心システム米)として都内の食品スーパーで販売されている。JAは、消費者交流の一環として、5月20日、産地指定を受けている都内の食品スーパーのひとつのサントクの顧客の一行24組48名を招き、田植え体験交流会を開催した。サントクは都内に12店舗を展開。
 当日は天候に恵まれ、田植え体験は順調に進められた。田の泥に足を取られ、泥だらけになる参加者もいた。田植えの後は、サツマイモの定植え作業。サツマイモの植え方を、初めて知った参加者も多かった。
 一方、サントク一行が産地を訪問したのは、昨年の秋から2回目となる。また同社では「食育」の一環として、この田植え体験のほか、同じ日に、埼玉県狭山市での茶摘み、都内で料理教室などを消費者を招いて行っている。



田植えは順調に行われた


サツマイモの定植え作業


農作業の後は、おいしい料理に舌鼓


コシヒカリのおにぎりと名産のキュウリの漬物など


みんなで記念写真。秋には収穫体験が開催される予定



うつくしま、ふくしま米情報センター