おいしい、こめニティー うつくしま、ふくしま米情報センター
お米をつくる皆様へ
ふくしま米の流通の現場から/消費者・小売・卸の声
うつくしま水田農業ビジョン通信
天気予報
新しいお米「福島9号」
福島県米づくり状況
栽培管理
米の市場動向
病害虫発生予察
関連情報
バックナンバー


JAすかがわ産の特別栽培米コシヒカリを
自社ブランド米として販売して人気を得る


(株)三徳・茗荷谷店(東京都文京区)

 東京都内を中心に26店のスーパーマーケットチェーンを展開する(株)三徳(志保澤建治社長、本社・新宿区大久保)。付加価値ある商品の品揃えなど、高級感溢れるスーパーを経営する同社の売上高は年間380億円。
 同社の取り扱う自社ブランド米は、宮城産ひとめぼれ(棚田米)や秋田あきたこまち(地域限定)、そして福島産コシヒカリ(特別栽培米)。この福島産コシヒカリはJAすかがわ岩瀬産で、この3銘柄はすべての「全農安心システム米」。同社で取り扱かわれているコメは、品質本位に品揃えされたもの。
 同社ホームページでは、この福島コシヒカリについて、「奥羽山脈から流れ出る清流が潤す肥沃な水田で、化学肥料のチッ素分と農薬を慣行栽培の半分に減らして栽培したお米です」との説明が入っている。
 5月20日、同社は「食育」の一環として、JAすかがわ岩瀬に招かれ「田植え体験交流会」に参加した(前回紹介)。また同日、埼玉県内で茶摘体験、都内で料理教室なども開催している。



(株)三徳で販売されているJAすかがわ岩瀬産の特別栽培米コシヒカリ


うつくしま、ふくしま米情報センター