おいしい、こめニティー うつくしま、ふくしま米情報センター
お米をつくる皆様へ
ふくしま米の流通の現場から/消費者・小売・卸の声
うつくしま水田農業ビジョン通信
天気予報
新しいお米「福島9号」
福島県米づくり状況
栽培管理
米の市場動向
病害虫発生予察
関連情報
バックナンバー


首都圏スーパーで福島県産農産物フェア開催
ライシーホワイトも駆け付けて福島米をPR


富士シティオ・善行店(藤沢市)

富士シティオ横浜南店(横浜市)

 会津産コシヒカリ・ひとめぼれを中心に野菜・牛肉など福島県産の農産物フェアが、食品スーパーマーケット・富士シティオで開催された。
 富士シティオ(本社・横浜市)は、神奈川県下を中心にスーパーマーケット49店舗を展開する(この他、コンビニのスリーエフを649店舗)。同社は、会津産コシヒカリ・ひとめぼれなどを通年で取り扱っている。
 農産物フェアが行われたのは、10月21日(土)と22日(日)の2日間。店舗は、横浜南店(横浜市)、三崎店(三浦市)、寒川店 (寒川町)、善行店(藤沢市)の4店舗。善行店には、ふくしまライシーホワイトの平河内麻美さん(郡山市出身)が、また横浜南店には、黒岡実可さん(福島市出身)が応援に駆け付けて福島米のPRを行った。
店内には、福島米のほか、にら・ナス・トマト・キュウリ・生シイタケなどの野菜、福島牛など福島県産の農産物が店内に並べられた。その他、店内には、会津コシヒカリのパックごはんなども置かれている。
 「若い世代の顧客には、会津ひとめぼれが人気。また、会津コシヒカリのパックごはんもよく売れている。この2つの商品が相乗効果になって、福島米が売れている」(善行店の南波辰代志店長)
 善行店・横浜南店ではふくしまライシーホワイトが中心となり販促活動を行ったが、三崎店や寒川店では、全農のスタッフが巡回し、会津米の売れ行きは好調だった。

福島産のにら 福島産のナス 福島産のトマトも並べられた

福島牛。バラ肉やステーキ用肉など 福島産のキュウリ 福島産の生シイタケ


ふくしまライシーホワイトの平河内麻美さん


ふくしまライシーホワイトの黒岡実可さん


店内で福島米のPR活動


米売場の会津ひとめぼれ


会津産コシヒカリ・ひとめぼれ


大好評の会津コシヒカリのパックご飯



うつくしま、ふくしま米情報センター