おいしい、こめニティー うつくしま、ふくしま米情報センター
お米をつくる皆様へ
ふくしま米の流通の現場から/消費者・小売・卸の声
うつくしま水田農業ビジョン通信
天気予報
新しいお米「福島9号」
福島県米づくり状況
栽培管理
米の市場動向
病害虫発生予察
関連情報
バックナンバー


会津コシヒカリのおにぎり店「ほんのり屋」
現在、首都圏内に12店舗を出店して大人気に


「おむすび処ほんのり屋」(JR上野駅店)。「会津コシヒカリ」の青いノボリが立つ
 JR東日本グループのジェイアール東日本フードが展開するおにぎり店「おむすび処ほんのり屋」。おにぎりをメインにして、テイクアウトを中心に、イートイン(店内で食べること)もできる店舗としてサラリーマンやOLを中心として人気がある。
 店舗数は現在12店。都内ではJR東京駅(2店)・JR秋葉原駅・JR池袋駅(2店)・JR上野駅・JR大崎駅、埼玉県ではJR大宮駅(2店)、千葉県内ではJR千葉駅、JR西船橋駅、神奈川県内ではJR大船駅の構内にある。
 素材にこだわる同店は、米は基本的には会津産コシヒカリ(新米時期には九州産・関東早場米なども一時を使用する)。「会津コシヒカリ」と書かれたノボリを立ててアピールする店舗もある。
 会津コシヒカリのおいしさを活かすために、アルカリイオン水でコメを研ぎ、ガス釜でふっくらと炊いて、天然のサワラのおひつで水分調整を行う。このほか、沖縄産天然塩の使用など具材にもこだわっている。
 おにぎりの価格は120円〜200円前後。メニューは、塩・高菜・梅干し・辛子明太子・葉わさび海苔・ゴマしそ昆布・焼きたらこ・鰻まぶしなどと多彩。このほか、味噌汁・唐揚げ・お新香などがある。
 ハンバーガーなどのパンを使ったファーストフードの店などが多い中、同店は、ごはん食の健康やおいしさを前面に出して人気を得て、店舗数を確実に増やしている。


「ほんのり屋」のマーク


「ほんのり屋」のおにぎり各種。辛子明太子・ゴマしそ昆布・梅干しなど


うつくしま、ふくしま米情報センター