おいしい、こめニティー うつくしま、ふくしま米情報センター
お米をつくる皆様へ
ふくしま米の流通の現場から/消費者・小売・卸の声
うつくしま水田農業ビジョン通信
天気予報
新しいお米「福島9号」
福島県米づくり状況
栽培管理
米の市場動向
病害虫発生予察
関連情報
バックナンバー


福島コシヒカリのふるさとをアピール
首都圏の消費者を招いて稲刈大会開催

稲刈大会参加者の皆さん
稲刈大会参加者の皆さん
 JAみちのく安達(本所・本宮市)では10月20日、東京都内に中心な展開しているスーパーのいなげやの消費者を招いて、稲刈大会を開催した。いなげやでは、同JA産の福島産コシヒカリを取り扱っている。
 大会当日は好天に恵まれて、まさに稲刈り日和。周囲の田んぼのコシヒカリはすでに刈り取られているが、稲刈大会用の田んぼは、この日のために、田植えを遅らせていた。
 参加者は稲刈鎌を手に、ザクザクと次々と稲を刈り取り、心地よい汗を流した。そして、杭に稲を積んでいく“棒架け”にも挑戦。本宮市は、棒架けとはさ架けが混在する地域。
 その後、参加者は場所を移動して、地元の名物でもあるそばのそば打ちを体験。そして、昼食・釣り大会など、福島コシヒカリのふるさとでの秋の一日を楽しんだ。

スーパーいなげやの消費者が稲刈りを体験
スーパーいなげやの消費者が
稲刈りを体験

刈り取った稲は棒架けに
刈り取った稲は棒架けに

名物でもあるそば打ちに挑戦
名物でもあるそば打ちに挑戦

昼食はJAみちのく安達産の新米コシヒカリ
昼食はJAみちのく安達産の
新米コシヒカリ

ピクニック気分で昼食をとる参加者
ピクニック気分で昼食をとる参加者

近くの池で釣り。秋の一日を満喫
近くの池で釣り。秋の一日を満喫


うつくしま、ふくしま米情報センター