おいしい、こめニティー うつくしま、ふくしま米情報センター
お米をつくる皆様へ
ふくしま米の流通の現場から/消費者・小売・卸の声
うつくしま水田農業ビジョン通信
天気予報
新しいお米「福島9号」
福島県米づくり状況
栽培管理
米の市場動向
病害虫発生予察
関連情報
バックナンバー


品質安定の特別栽培会津コシヒカリ
世代を超えての人気商品に成長!

藤井商店の藤井秀明代表(左)とご子息の忠広さん
藤井商店の藤井秀明代表(左)とご子息の忠広さん
 千葉県船橋市の(有)藤井商店(藤井秀明代表、船橋市本中山2丁目)は、“中山の鬼子母神”として有名な法華経寺の門前町にあるコメ小売店。創業は戦前で、昭和30年に会社組織とした。平成10年からは、コメ・ごはんと関係の深い箸(福井県小浜市産)・茶碗(磁器)の取り扱いを開始。これらにより、第12回の優良米穀小売店全国コンクール(主催・日本米穀小売商業組合連合会)で食糧庁長官賞を受賞している。
 同店では、米穀店グループ「CRF」を通して、特別栽培米の会津産コシヒカリを10年以上前から取り扱っている。このコメは、喜多方市の生産者グループが栽培して、JA会津いいでが確認作業を行っている。
 「特別栽培米の会津コシヒカリは品質が安定しているのが特長。“安全・安心”の特別栽培米なので、若い世代から年配の世代まで人気があり、固定客が多い」と藤井代表は説明。同店は約1年前から、インターネットでの販売も開始したが、ここでも会津コシヒカリに人気が集まり、特に西日本地域の消費者からの注文が多いという。

特別栽培米の会津コシヒカリ。5キロ3,000円
特別栽培米の会津コシヒカリ。
5キロ3,000円

倉庫の会津コシヒカリ
倉庫の会津コシヒカリ

取り扱い銘柄の看板
取り扱い銘柄の看板

同店は平成10年から箸・茶碗を取り扱っている
同店は平成10年から
箸・茶碗を取り扱っている

千葉県船橋市の藤井商店
千葉県船橋市の藤井商店

うつくしま、ふくしま米情報センター