おいしい、こめニティー うつくしま、ふくしま米情報センター
お米をつくる皆様へ
ふくしま米の流通の現場から/消費者・小売・卸の声
うつくしま水田農業ビジョン通信
天気予報
新しいお米「福島9号」
福島県米づくり状況
栽培管理
米の市場動向
病害虫発生予察
関連情報
バックナンバー
おいしい、こめニティー
ご飯を食べる皆様へ

価格が手頃でおいしい福島コシヒカリ
福島ひとめぼれは業務用としても利用

菅谷満雄代表と奥さんの政代さん
菅谷満雄代表と奥さんの政代さん
 東京都江東区の菅谷精米店(菅谷満雄代表、江東区豊洲4丁目)は、減農薬・減化栽培の会津コシヒカリ、普通栽培の福島コシヒカリ(会津・中通り産)、そして業務用として福島ひとめぼれ(会津・中通り産)を取り扱っている。
 豊洲地区は、昭和20年代後半の都営住宅・社宅などの建設から始まった地域。現在では、有楽町線の開通や再開発などで、周辺に高層オフィスビル・マンションなども林立し、日々その姿が変わっていく過程にある。菅谷精米店は昭和29年に創業、豊洲の発展とともに歩んできた。
 同店の主力は福島米と富山米。価格的には、減農薬・減化学肥料栽培の会津コシヒカリが一番上に位置する。業務用の注文も多いので、福島ひとめぼれやこのブレンド商品を得意先に納入している。店頭には30キロ玄米袋を並べ、顧客の注文に応じての精米も行っている。
 「福島米は価格が手頃で、しかも美味しい。当店では家庭用、業務用ともに主力商品となっている」と菅谷代表は話している。

減農薬栽培コシヒカリ(JA会津みどり管内産)
減農薬栽培コシヒカリ
(JA会津みどり管内産)

東京都江東区の菅谷精米店
東京都江東区の菅谷精米店

うつくしま、ふくしま米情報センター